アップル基礎教育&中学受験

 
 子どもたちに、「学ぶ喜びを見出してほしい」そして「生涯にわたって学び続けることのできる人になってほしい」.....そんな思いから「アップル」はスタートしました。公立小学校のカリキュラムの枠を取り払い、長年の幼児・小学生教育の経験を生かし、子どもの発達段階に合わせた独自のカリキュラムで授業を行っています。
 今年度より、1年生から3年生は、読み、書き、計算、文章題をより確実に習熟できるように、これまで以上に反復に力を入れていきます。今や将来の学校選択には、小学校低学年における基礎学力の定着が欠かせません。鉛筆の正しい持ち方や姿勢、家庭での勉強の仕方に至るまで、幼いうちからしっかりと教育しておくことで、しっかりとした学力の土台を築くことができます。
 学習スタイルは、学年という枠を越えた「進級学習方式」です。この方式は、いわゆる「飛び級」です。1年生が、2年生3年生と進むこともできますし、反対に苦手な所を何度も反復することも出来ます。
 また、効率よく学習が進められるように、「フラッシュカード」を用いています。「国名」「四字熟語」「動植物」「漢字」「単位換算」など、子どもたちは負担を感じることなく、楽しく学ぶことができます。
 4年生以降は、専門の講師が一斉指導により丁寧に指導します。中学受験をする、しないに関わらず、将来に必要となる内容を網羅しています。

 中学進学後も枯れることのない「本物の学力」を身につけ、生涯にわたって、この時期に学んだ内容が生かされることを願って指導に努めています。

 ぜひ、お子様の将来につながる、アップルの授業を体感してみてください。